スポンサードリンク

2008年11月13日

初心者向けの必勝法はシンプルなほうがよい

世の中、アメリカ発の金融恐慌などと騒がれていますよね。



リーマンブラザーズやモルガンスタンレー、ゴールド万サックスなど外資系の有名金融機関が使いこなす金融工学とやらは、ものすごい複雑な数式や考え方などで構成されています。



さて、FX初心者にそのような難しいことが出来るのでしょうか?




確かに金融工学を応用したシステムトレードなどというと響きはかっこいいのですが、初心者がその内容を理解るのかといわれれば、できそうもありません。




FX初心者には(というか初心者だろうがそうでなかろうがなのですが)非常にシンプルでわかりやすい投資手法のほうがよいのです。




為替は上がるか下がるかどちらかしかありません。
非常にシンプルではないでしょうか。




FXの必勝法、上がるか下がるか二分の一の確率をいかに二分の一でなくするか、そしてそれにベットするか。




そのあたりが重要になってくるのです。
ですからシステムトレードをしている人はバックテストをひたすら行って偏りを探し出す。



FXをはじめとした投資はシンプルがいいのです。
posted by mastwin at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。